TECHNOLOGY

TUBULAR

チューブラー

MAXXISのチューブラーテクノロジーは、全て高い真円率を持つシームレスケーシングテクノロジーで製造されています。しなやかかつクイックな乗り心地を実現、それでいてチューブラーならではの上質な乗り味をもたらします。このチューブラータイヤ開発・生産のため、製造元であるチェンシンラバー社はMAXXIS専用設計のチューブラータイヤ製作機械を導入、台湾の自社工場で生産体制を整えました。世界のトップタイヤブランドMAXXISがその威信をかけて放つ、ハイパフォーマンスなチューブラータイヤです。

TUBULAR

TUBELESS ROAD

チューブレスロード

MAXXISのチューブレステクノロジーは、カーボンファイバービードとブチルインナーライナーとのコンビネーションにより、高い空気圧の保持力とタイヤの強度を保っています。

TUBELESS ROAD

COMPOUNDS

コンパウンド

タイヤのパフォーマンスにおいて最も重要な要素が、トレッド面のラバーコンパウンドといえるでしょう。様々なゴムの分子配合を組み合わせることで、見た目は同じでも全く異なるタイヤを作り出すこともできます。ここではMAXXISで使われるその種類をご案内します。

COMPOUNDS

3C TRIPLE COMPOUND ROAD TECHNOLOGY

トリプルコンパウンド・ロードテクノロジー

MAXXISトリプルコンパウンド・ロードテクノロジーは、トレッド面の異なる部分において3種類のシリカコンパウンドが配置された高度なテクノロジーです。中央のトレッド面は、高い耐摩耗性と低い転がり抵抗を追及し、より柔らかでしなやかなサイドトレッド面はコーナリング時でのスムースな寝かしこみとハイグリップを生み出します。トリプルコンパウンドは、ロードバイクに伴うあらゆるコンディションにおいて、優れたパフォーマンスを発揮します。

3C TRIPLE COMPOUND ROAD TECHNOLOGY

3C TRIPLE COMPOUND MOUNTAIN TECHNOLOGY

トリプルコンパウンド・マウンテンテクノロジー

MAXXISトリプルコンパウンド(3C)・マウンテンテクノロジーは、ハードで長寿命のベースレイヤーの上に2種類のソフトなコンパウンドを配置し、トラクションと剛性を高めています。そしてこの3Cテクノロジーが、3種類の組み合わせになって生まれ変わりました。XCレース用のMaxx Speed、トレイル/フリーライド向けのMaxx Terra、そしてダウンヒルに最適なMaxx Gripです。

TUBELESS READY

チューブレスレディ

チューブレスレディータイヤは、シーラント剤を使用することでチューブレスタイヤとして使用することのできるタイヤです。低圧走行によるグリップ力やトラクション向上の恩恵をもたらしながら、同時にパンクリスクの低減はもちろんのこと、タイヤ重量も従来のチューブレスタイヤより軽くできるメリットがあります。

TUBELESS READY

EXO PROTECTION

EXOプロテクション

EXOプロテクションとは、タイヤのサイドウォールに軽量かつ柔軟な高密度の繊維を挟み込んだ技術です。これにより、タイヤ本来の性能を失うことなく、サイド部分の耐久性と耐摩耗性をアップさせています。ごろごろした岩場や根っこが張った不安定なトレイルで抜群の威力を発揮します。

EXO PROTECTION

CASING

ケーシング

BEAD

ビード

PROTECTION

プロテクション

REMOVABLE VALVE CORE

リムーバブルバルブコア

マキシスより仏式バルブからコアが外れるRVC(リムーバブルバルブコア)仕様が新たに登場。新バルブ採用によりチューブにシーラント剤を入れる事が可能となり、耐パンク性能が向上。